内定の受け方

企業から内定の連絡が来ました。内定通知には、職務内容や雇用条件などの労働条件が書かれていて、入社の同意を求めるものとなっています。まずは早めにお礼の連絡をしましょう。その際確認しておきたいポイントがいくつかあります。

内定をもらったら確認すること

・入社日
内定通知を受けたら、まず入社予定日を確認しておこう。
選考の過程で確認しておいた日付がある場合、その日付がきちんと記載されているかどうかを確認しよう。
違う日付の入社日が記載されていることもあるかもしれないので注意しよう。
入社予定日について特に記載がないなら、必ず企業に連絡して確認しておきたい。
内定を受けた企業以外に第一希望の企業がある場合、入社承諾書の期限について内定先企業に確認して明確にしておこう。
また複数受験をしている場合、そのことを選考過程で申し出ているなら、内定先企業も期限について考慮してくれるかもしれない。
まだ結果が出ていない第一希望にかけるか、現在の内定先企業に決めてしまうか、早々に決めてしまうようなことをしないためにも、受験状況は採用選考中に話しておいたほうがいいだろう。
・待遇
次に給与面などの待遇をチェック。
月額の固定給はいくらか、基本給と手当てについてや、賞与はどのように支給されるかなど詳細を確認しよう。
残業代や交通費の支給、社会保険についても記されているかきちんとみておきたい。
・勤務地
勤務地についても確認しておこう。
全国勤務での募集の場合、選考過程で勤務地が確定していないこともあるので内定時に確認しておこう。
・入社承諾書の提出
内定で提示された条件を受ける際に、その旨を書面で提出することを求められることがある。
必ず提出期限に提出するように。
承諾書の提出期限を無断で遅らせてしまうと、入社意思がないとされて、内定取り消しと見なされてしまう。
・入社日までに準備しておくもの
事前に入社日までに準備しておくものを確認しておこう。
一般的には雇用保険被保険者証や年金手帳を入社日もしくは入社後速やかに提出することになるだろう。
そのほかに必要書類があるかもしれないので、入社直前になってあたふたしないようにしっかりと準備しよう。