職務経歴書の書き方

職務経歴書は今までの仕事で積んできた経験を詳細に伝えて、業務の能力をアピールする書類。決まった書式はないが、時系列の『編年体式』か、職務分野ごとの『キャリア式』で書くのが普通です。

まとめ方のポイント

  • ・A4用紙1~2枚でまとめる
  • ・パソコンで作成する
  • ・業務実績などは具体的な数字を書く
  • ・職務経験が少ない場合は、研修の事を書いても良い。

編年体式について

時系列に、業務内容をまとめていく形式。経験が浅い場合や、業務の熟練をアピールしたい場合に向いています。

ポイント1:年月・業務経験を項目立てる
年月を見出しにして、入社・配属・業務経験ごとにまとめていく。営業の場合は担当していた顧客の数や売り上げ、開発などの場合はプロジェクトのメンバー数など規模を詳しく書きます。
ポイント2:アピールポイントを書く
編年体式はアピールポイントが目立ちにくい。今までの業務での実績を経歴欄とは別に設け、どのくらいの実績を残したのか記述しましょう。表彰の実績があればそれも記述する。

キャリア式

業務経験を分野別にまとめる形式。複数の分野で経験を積んできた人に向いています。内容を簡潔にまとめるのが大事。

ポイント1:業務内容を見出しに
技術職やスペシャリストに向いた書式。時間の経過がわかりにくくなる場合は、冒頭に編年式の簡単な職歴を付けておいても良いでしょう。
ポイント2:即戦力をアピール
今までの経験を踏まえ、入社後は即戦力となる事を強調し、今後のキャリアプランを書いて、意欲をアピールしましょう。