履歴書の書き方

履歴書は応募者の分身とも言えるほど大事な書類。担当者は履歴書に記載された情報から応募者の意欲、キャリアを探ろうとすします。書類上の細かい点1つ1つが判断材料となるので、担当者の視点で考え各項目を記入しましょう。

写真
まず目に入るのが写真。髪型、服装など整った写真を貼り、礼儀正しい印象を与えるようにしましょう。基本的にはカラー写真を用い、スピード写真よりも人の手による写真の方が印象の良い写真が撮れます。
学歴
転職者の場合、学歴はさほど重視されませんが、学校名などは正式名称とし、最終学歴と専攻を記入しましょう。
職歴
転職者が最も注目する項目。どんな業界、企業でどんな仕事を経験してきたのかを見られます。同業界内での転職の場合は、業務遂行のレベルを知る項目となります。『職務経歴書があるから』ではなく、出来るだけ多くの情報を伝えましょう。
資格
取得している資格は実力を具体的に知る有力な情報となります。持っている資格を全て羅列するのではなく、応募職種において有用な資格であるかどうかを考えて記載しましょう。公的な資格でなくとも、抹消となった社内資格でも評価となる事もあります。
志望動機
なぜこの企業・職種を選んだのか、自分の言葉で前向きに記入しましょう。採否において、職歴以上に重要になりうる項目です。
趣味・特技
応募者の人間的な部分を見られる項目。仕事と関係ないからと言って、無記入にするのは避け、自己PRにつなげられるように書くのがポイント。