退社の仕方

内定をもらい転職先が決まったら、勤務中の場合は退社しなければなりません。退社する際に最も重要な事は、円満に退社する事です。スムーズでない退社は、入社した後にも影響するばかりでなく、現在の勤務先は将来の顧客にもなりうるのです。ここでは円満に退社し、気持ちよく転職先で働くための段取りを解説していきます。

退社までの流れ

退職の意思表示
まずは直属の上司に退社の意思を伝える。伝える時期は出来れば、退社希望日の2ヶ月前には伝えるようにしたい。
退職日の決定・退社願の提出
引継ぎの内容と日程を決める。退社日が決まっても、会社から通達があるまでは顧客や取引先に伝えるのは避ける。
業務の引継ぎ
内容を文書化し、引継ぎに漏れやミスがないようにする。後任者とスケジュールを調整し、退社日の2,3日前には全て終わるように進めると突発的なトラブルにも対処が出来る。
顧客・取引先への挨拶回り
感謝の気持ちを伝えるとともに、今後の予定を伝えるためにあいさつ状を送る。
退職する
引継ぎ忘れなどがないか、会社から受け取るべきもの、返却するべきものの確認。
退職後
保険や税金の手続きをする。