電話による応募

求人情報に「電話連絡の上、…」と書いてあるような場合は、まず担当者宛に電話で連絡をしなくてはなりません。
電話連絡の場合は、その場で面接の日時まで決定する事が多く、即効性が利点です。しかし、電話や話し方のマナーをチェックされるので注意しましょう。

電話の応対

相手が電話をとる
『○○と申します。○○にご掲載の○○職の求人を拝見し、お電話いたしました。ご担当の方をお願いできますか?』
担当者に代わる
『○○と申します。○○にご掲載の○○職の求人についてお電話を差し上げました。いまお時間の方よろしいでしょうか?』
書類を郵送するように言われた
『かしこまりました。ではすぐに郵送させていただきます。よろしくお願いします。』
その後の連絡方法について確認する。
面接の日時を決める場合
『面接の担当者様のご都合のよろしい日時で結構です。』
『まことに申し訳ありませんが、○日○曜日前後の○時以降にして頂けるとありがたいのですが。』
面接日時は復唱して確認する。
電話を切る
『お忙しいところありがとうございました。書類の方、すぐに郵送いたします。(○日○時にお伺い致します。)よろしくお願いいたします。失礼致します。』
相手が切ってから受話器を置く。

電話をかける際の注意点

かける時間に注意
始業時間・就業時間・昼食の時間(12:00~13:30ころ)は避ける。この時間帯以外でも、『今はお時間よろしいですか?』などと断るのがマナー。
かける場所に注意
周りがなるべく静かなところからかける。聞き取れずに何度も聞き返すのは、相手に不快感を与える。
問い合わせる内容、確認する内容はメモしてから
求人情報を見直し、掲載してある事やわかりきった事は聞かないのがマナー。時間や連絡先をメモする事が多いので、あらかじめ筆記用具は準備する。
名乗るときはフルネームで
相手にはまず自分の名前を伝え、はっきりと要件を伝える。担当者に代わったら再度名乗る。相手の出方を待つような事はせず、明確に趣旨を伝える。
面接の日時は確実に
指定された日程に面接に行けるか曖昧な場合は、確実な日を伝え日時を調整してもらう。