社会保険・税金の手続き

退職から転職先への入社まで期間があいてしまう場合や転職先が決まる前に退社してしまった場合などは、社会保険や納税などは国民の義務として自分で行わなければなりません。また失業状態が長くなる場合は、失業保険の給付を受ける必要があります。ここでは各手続きに何が必要かを解説し、遅滞なく間違いのない手続きについてまとめました。

年金の手続き
退職と同時に厚生年金の加入資格を失います。転職先が決まっている場合、決まっていない場合では手続きがどうかわるのでしょうか。
健康保険の手続き
退職後は会社の健康保険に加入し続ける場合と、国民健康保険に加入する場合があります。それぞれのメリットとデメリット、手続きについて。
税金の手続き
在職中は会社が行ってくれていた税金の手続きも退職後は自分で処理しなければなりません。退職時期により、手続きが変わってきます。
雇用保険の手続き
転職先が決定する前に退職した場合、生活の支えとなるのが雇用保険の失業給付です。離職理由や、在籍期間などによって給付に制限があったり、給付期間が変わってくるのでよく確認しましょう。