雇用保険の手続き

転職先が決定する前に退社した場合、生活の支えとなるのが雇用保険の失業給付。給付の受け方について手順を追って解説します。

失業給付受給の流れ

受給資格の確認
失業給付を受給するには、
・離職前の1年間に被保険者期間が6ヶ月以上あること
・失業の状態にあること
が必要となる。
手続き
まずは書類をそろえて、ハローワークにて「求職の申し込み」を行う。
必要書類
雇用保険被保険者証
離職票
印鑑
住民票または運転免許証
顔写真
本人名義の銀行預金通帳またはキャッシュカード
失業の認定
4週に1度、ハローワークの指定する認定日に失業の認定を受ける。
失業の状態にあったことを認定する日で、決められた回数の求職活動を行い、積極的に就職する意思があることを確認する。

給付の制限について

離職の理由によって、3ヶ月間の給付制限を設けられることがある。離職理由が正当なものであるかどうか?が基準となるが、大まかに「会社都合」か「自己都合」かによる。「自己都合」の場合、給付制限が設けられる。会社からの解雇にも関わらず、離職票に自己都合と記載された場合は手続きの際にハローワークを通し、事実の確認を求めよう。