情報収集の仕方

履歴書と職務経歴書の応募書類が完成しても気を抜かず、書類を郵送する場合は添え状をつけ、担当者に意欲を伝えましょう。

求人情報誌

転職活動の際に最も活用するであろう求人情報誌という紙面媒体の特徴を見ていきましょう。 求人ニーズの高い業界や企業を幅広く知ることができる点が大きなメリットです。 転職を考えている業界や企業が具体的に決まっていない方の場合、ページをめくりながら自分に向いていそうなところをなんとなく探すこともできるので便利でしょう。 ページごとに求人全体を眺める事ができるので、いま現在、どんな業界が成長しているのか、どのような職種に対してニーズが高まっているのか、比較検討もできます。 また、求人企業の特徴やそのアピールポイント、募集職種の仕事内容など、詳細情報が掲載されている点においても利用価値は高いといえます。 同業種の企業の求人情報もズラリと並んでいるので、仕事内容や待遇面などを企業ごとに比較・検討することも容易です。 何となく転職を考え始めたという人にとっては、ページをめくっていくうちに自分の方向性が見えてくるかもしれません。

Webサイト

最近では、インターネットが一般化されているので、Webサイトで求人情報を収集する人が多くなっています。 Webサイトの情報は、タイムリーという点において有効な情報媒体です。 紙面などの媒体と比較して情報の検索するのに非常に適していて、最新の求人情報をすぐに入手できるという点もメリットの一つ。 個人情報を登録しておけば、求人情報をメールで配信してくれるサイトもあるのでぜひ有効活用していきましょう。 特定企業の求人情報を得たいなら、各企業のWebページに掲載される最新情報を随時チェック可能だし、その場ですぐにメール応募もできるので時間を有効に使えます。

就職フェアや企業セミナーに参加する

就職フェアや企業セミナーに参加することも転職活動にとって非常に有効です。 多くの求人企業が集まっているので是非顔を出して情報を収集したいところ。 企業への応募の前に希望する企業の採用担当者に直接会えるという点も最大のメリットとなるでしょう。 採用情報に関してだけではなく、その企業の思想や社風、社内の雰囲気といった情報を肌で感じとる事ができるかもしれません。 積極的に複数の企業と面談して、多くの情報を収集していくのが転職活動にとって大切です。

新聞

最後に新聞における情報収集のメリットはどんなものがあるか考えていきましょう。 社会の流れや業界動向、最新のニュースがタイムリーに取得できることがメリットの一つ 特に、経済紙や経済新聞においては金融業界の企業、英字新聞なら外資系の企業と、新聞の特徴ごとに求人広告を載せている企業に特色があるので有効利用することをお勧めします。 自分が転職を目指している業種に合った媒体を得る事が転職成功の近道。 専門的な情報を掲載している業界紙なども、各業界のトレンドなど、企業研究のために使える媒体となります。